攻める総務広報委員会の最近のブログ記事

「みんなで街をきれいにしよう!TAMAクリーン大作戦」のご報告

| コメント(0) | トラックバック(0)
  • LINEで送る

去る2013年11月10日福生駅周辺にて、ごみ清掃活動
「みんなで街をきれいにしよう!TAMAクリーン大作戦」を開催しました。


tama_cli_3.JPG

現役メンバーとそのお子さん、東京ブロックアカデミーに出向されている皆様、
シニアクラブの皆様、児童館、ボランティア活動団体の皆様、横田基地関係者の方、
などなど多くの方に参加いただくことができました。


tama_cli_2.JPG

2時間ちょっと間の時間でこんなにゴミを収集することができました。


tama_cli_1.JPG

街をきれいにできて、いいことをした充実感を満喫している様子です。
メンバーみんなの表情が朝からすがすがしいですね。

設営担当は攻める総務広報委員会でした。
島岡委員長お疲れ様でした。

来年も1月から毎月最終日曜日の朝9時から福生駅前に集合して
継続してゴミ拾いします。ご参加に条件はございませんので
参加を希望される方、または団体は福生青年会議所までご一報ください。
 

会員間のビジネス交流会 ビジネスマッチングのご報告

| コメント(0) | トラックバック(0)
  • LINEで送る

去る2013年11月8日(金)福生市商工会館にて
福生青年会議所シニアクラブ主催による事業
「会員間のビジネス交流会2013ビジネスマッチング」が開催されました。

match_2013.JPG

先輩方のJCから仕事につながったお話はとても貴重で参考になります。

match_2013_2.JPG

もちろん現役メンバーも自分が今携わっている仕事を
改めて発表する機会はめったにないので
なんだかみんな、営業モード(笑)

match_2013_3.JPG

中には、JCメンバー間が3者間で委託→受託→委託を
循環させて協力しながら仕事をしているという
とても良い関係を築き上げている事例も紹介されました。


その他多くの予定者をお招きすることができました。
シニアクラブの先輩方、設営有難うございました。
 

第104回臨時総会の報告

| コメント(0) | トラックバック(0)
  • LINEで送る

去る9月26日(木)福生商工会館にて福生青年会議所第104回臨時総会が開催されました。

P1080023.JPGのサムネール画像
 

攻める総務広報委員会 委員長 島岡君の開会宣言です。
 

報告

第1号議案

2014年度福生青年会議所 理事長(案)承認の件

2013年度渡辺専務説明

 去る6/19 19時にて 理事長選出を南場伸輔君に決まりました。 

 採決:全員賛成により承認可決

第2号議案 

2014年度福生青年会議所 監事(案)承認の件

2013年度渡辺専務説明

 理事長選出委員会の後、2014年の幹事は南場次年度理事長予定者から

 吉本雅巳君と太田泰之君に確認を行い、決まりました。

  吉本雅巳君

 採決:全員賛成により承認可決

  太田泰之君

 採決:全員賛成により承認可決


設営は攻める総務広報委員会でした。

ほんとうに多くの先輩方、シニアクラブの皆様、賛助会員の皆様にお越しいただき感謝の総会でした。
 
そのあとは、福生 甘蔵で懇親会でした。

9月例会は、追ってアップします。
 

攻める総務 伊藤

 

第493回例会「仕事とJCで生かせる時間活用術」

| コメント(0) | トラックバック(0)
  • LINEで送る

5月9日の木曜日に第493回例会「仕事とJCで生かせる時間活用術」と題して例会が開催されました。攻める総務広報委員会としては今年最初で最後の設営例会となりました。

gogatsu2.JPG

第一部では第32代理事長の野口哲也先輩を講師として招き、経験談を元に時間の作り方についてお話をしていただきました。内容としては、本人が経験を通して得た時間の作り方やまわりにいる人間へいかに自分の活動の意味を理解してもらう話し方を学びました。

gogatsu1.JPG

さらに第2部では講師の話をふまえて、例会に参加をしていただいた全員にディスカッション形式で「理事会の疑似体験」を盛り込んだ内容となりました。お互いにどのような時間活用術を使っているか、時間を作るためにどのような方法があるのか、そしてもし自分達が例会を企画するのであれば1から10までのプロセスをどのように決めて進めるのかを話し合いました。お互いの方法論を共有し、自分では気づけなかった時間の作り方も話し合えたディスカッションとなりました。

gogatsu3.JPG

攻める総務広報委員会としては本当に手作りの例会となり、委員会メンバー全員が意見を出し、企画し、問題点を話し合って、当日までに委員会として納得のいくオリジナルな例会を作る事ができたと感じております。島岡委員長が企画段階で「5分でも10分でも例会、事業や委員会に顔を出せるような方法が見つかるヒントが得られる例会を作りたい」という熱い思いが今回の第493回例会を企画するきっかけとなりました。この例会を設営できたことは、攻める総務広報委員会全員が誇りに思うだけでなく、本当に達成感にあふれた例会になったと感じました。当日ご参加いただいた皆様には本当に感謝をすると共に、講師を引き受けていただいた野口哲也先輩にも大変感謝しております。本当に、ありがとうございました。

攻める総務広報委員会 運営幹事 エロスリバース

1 2

最近のコメント

カテゴリ

カテゴリ アーカイブ