2009年4月アーカイブ

第444回例会が開催されました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
  • LINEで送る

2009年4月9日(木)福生市商工会館にて、
第444回例会「小江戸川越に学ぶ、それぞれの地域ブランディング」
が開催されました。

DSC02943resize.jpg

NHKの連続テレビ小説「つばさ」も好調な
「小江戸」川越市より、
NPO法人「川越蔵の会」代表理事原知之氏を講師に迎え、
地域ブランディングについて学びました。

街並みの景観に関する規定があり、
それに準拠して造られた建造物には助成金があるなど、
官民一体となった地域への愛情の賜により
川越という街のブランディングは成功していると思われます。

DSC02935resize.jpg


地域を愛する者の熱い想いが長い長い時を経て、
様々な団体、個人、行政を巻き込み、
少しずつ熟成されていった過程を
ビジュアルを活用してわかりやすく説明していただきました。

地場産業や地域の特産品をブランド化する。
それが地域の経済効果として跳ね返ってくる。
そして地域の製品を買っていただくことで、地域が潤います。
そして、住む人は来訪者を喜ばせたいと考え、
地域に対して愛着を持ち、誇りを持つ。
小江戸川越の地域ブランディングの事例を今回は学びました。

DSC02931resize.jpg


福生には福生の、羽村には羽村の、瑞穂には瑞穂の
それぞれの街に適したブランディングがあります。
青年会議所としてまずできることは夢を描くことでしょう。
いつか地域ブランディングの成功例としてあげらるようなまちに
なっていかなければならない。

今例会には、秋間勝仁会長をはじめとする
日本青年会議所関東地区東京ブロック協議会の方々、
社団法人川越青年会議所の方々など
多数の方々にご参加いただきました。
この場を借りてお礼を申し上げます。


今回の設営は総務広報委員会
当Webサイトの管理や広報誌の発行など、
現在は福生青年会議所のブランディングを担っています。

最近のコメント

カテゴリ

月別 アーカイブ