JC、入りません?(最終回)

| コメント(0) | トラックバック(0)

  会員拡大のお役に多少でも立てればと思って、つらつらと書き続けてきたこの「JC、入りません?」ですが、前回の更新からだいぶ間隔が開いてしまいました。

 これには訳がありまして、何度書いても「自慢話」になってしまうんです。それまでは苦労話とか失敗談とか、「笑ってやってください」的な内容だったので、抵抗無く書けたのですが、理事長を務めた年は(他人の評価はどうであれ)今までのJCライフの集大成に相応しい一年を過ごさせてもらったので、出てくる文章がどうしても自慢になってしまうのです。
 人様に自慢話を垂れ流すような破廉恥な行為はいかがなものか・・・と自問自答しているうちに月日が流れてしまったという次第です。
 
 ということで、「なぜそんなに充実した一年になったか」を少しだけ書かせてください。
 
 理事長というのはJCのてっぺんに立つ役職です。理事長になる前はそんなに高いところだとは思わなかったんですが、いざ立ってみるとこれがバベルの塔のてっぺん並に高い!のです。
 これだけ高いととにかく周りがよく見えます。私が掲げた理事長所信を実現すべく、みんな自分たちの貴重な時間を使って熱く議論し、入念に準備し、全力で事業を展開してくれるのが手に取るようにわかるのです。その度に「ああ、みんなのお陰でここに居させてもらってるんだな」と感謝の気持ちが止めどなくあふれてきました。こんな優柔不断で、八方美人で、我慢強い割には短気な自分をここまで高いところに引っ張り上げてくれるなんて…、そんな幸せな気持ちを一年間、ずっと感じさせてもらいました。苦労も失敗ももちろんありましたが、そんなことは振り返ってみれば小さな事で、その何十倍ものポジティブなパワーを仲間からいただきました。それは単に理事長としての一年を支えてもらっただけでなく、私の人生の大きな糧となりました。
 唯一心残りなのは、仲間からいただいたパワーに十分応えできるほどの職務を果たせなかったことですが、これについては、今後、一OBとして少しずつお返ししていくつもりです。
 
 私もそうでしたが「理事長?大変そうでとても自分には務まらない!」と思われる方も少なくないでしょう。でも、どの役職もそうだとは思いますが、特に理事長職は、「自分が務める」のではなくて「みんなに務めさせていただく」役職です。務まるかどうかは仲間が決めることなのです。だから、遠慮無く、理事長を目指すべきです!自分の成長のために!そして幸いにして理事長職を務める幸福を得たなら、全力で仲間や地域のために尽くせばいいのです。それはまた自分に返ってくるのですから。
 
 私はもともとが懐疑的な性格だったこともあり、JCにどっぷり浸かって「JC万歳!」と叫ぶことは一度もなく、比較的冷静にJCの良いところと悪いところを見てきたつもりです。ですから今でも、JCには解決すべき問題や課題がたくさんあると考えています。しかしそれは「JCには入る価値がない」ということではありません。完璧に組み上がったシステムに歯車のひとつとして入るよりも、荒削りで時々故障することもあるシステムを磨き上げていく方が楽しいのと同じことです。
 
 がむしゃらに仕事をして年収を増やすことは悪いことではありません。でも、それだけが幸福になる方法ではありません。仕事以外のフィールドで自分の能力を磨き、生かし、誰かのために尽くすことは人生を何倍にも豊かにし、幸福にすると私は考えます。そしてもしあなたが20~40歳であるなら、その「仕事以外のフィールド」として青年会議所がベストだと断言します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fussajc.com/mt5/mt-tb.cgi/596

コメントする