ホーム > 拡大総務委員会

拡大総務委員会

事業方針

 当委員では理事長指針にある「会員拡大」「SNS・広報の活用」に重点を置き事業方針を進めていくことを今年度計画しております。
 現在、我々を取り巻く環境は以前と比べて大きく変わってきております。福生青年会議所地域の人口減少、少子高齢化、インターネットの発展等による人のつながりの変化などです。インターネット上にはSNS、オンラインサロン等を介した新しい人のつながりがあふれています。その結果以前よりも簡単に、様々な人々とコミュニケーションを取ることができます。現代の若者には人のつながりにおいて、選択肢があふれている現状です。
 上記のような外的要因により、青年会議所の会員対象者である世代の絶対数は減り、青年会議所の強みの一つであった人のつながりにおいてもインターネットが大きなライバルとなっています。そのような状況を踏まえて「会員拡大」「SNS・広報の活用」の事業方針を述べさせていただきます。

全員拡大

 会員拡大においてはSNS等のつながりとは異なる魅力を発信して進めていこうと思います。その手法として予定者に事業の運営から経験してもらう事を試みたいと思っております。当事業方針では地域社会にとって魅力ある事業を企画し、運営段階から協力してもらい、地域にとって有益な事業を運営するという経験を体験してもらう事を計画します。その事業を成功させ、福生青年会議所が魅力的な組織であるという事を理解してもらい新たな会員の獲得を目指します。この際の事業は地域社会にとって有益なものである必要があると考えます。上記のようなプロセスで福生青年会議所の運動を理解したうえで入会した会員は活動的なメンバーになると考えられます。事業方針を実現するために総務・拡大委員会で一丸となり努力していきたいと思います。

SNS・広報の活用

 総務・拡大員会では今年度、広報面にも重点を置きたいと思います。広報の手段として従来方法(広報誌の発行など)と新たな方法(SNSの活用など)が二つの柱として挙げられます。確かに新たな方法としてSNSの活用は有効ではありますが、今年度は温故知新という考え方を基に、両方の手法を積極的に活用していきたいと思います。一つの方法に偏るのではなく、両方を連動させてより効果的な成果を上げていきたいと思います。
 SNSに関してはそれを利用する際のリスクをメンバーで十分に学んだ上で運営していきます。広報誌を公共の場にも配置して、外部の方も広報誌を手に取りたくなるような仕組み作りに取り組んでいきます。具体的な内容として地域の店舗様にクーポン券の協賛や広報誌の設置をお願いしていきます。コンテンツの中身に関しても福生青年会議所関係者と関係者外の方の両方が楽しんでいただけるような内容を盛り込んでいきたいと思います。
 上記のような目標を掲げて委員会運営に取り組んでいきたいと思います。
 皆様のご指導・ご鞭撻並びに、ご尽力を賜りたいと思いますので、何卒ご協力の程よろしくお願いいたします。

事業計画

1. 拡大を目的とした事業の実施
1. 新入会員のフォロー
1. スリープメンバーへの呼びかけ
1.地域にとって魅力ある事業の実施
1. SNSを用いた情報発信の充実
1. 広報誌の定期発行
1. 読者を意識した広報誌の作成
1. その他運営規定第8条1項2号並びに2項に関する事項

委員長 田村力
委員長 田村力
副委員長 八巻亨
委員 福谷裕希
委員 堂西利弥
委員 劉シェンブン
委員 桃井正雄
委員 浜畑太輔
福生青年会議所 入会のご案内・資料請求
福生青年会議所 Junior Chamber International FUSSA
〒197-0022
東京都福生市本町112-2
福生商店街協同組合会館1階
TEL:042-551-6004
FAX:042-551-6024
1F,112-2 Honcho,Fussa,
Tokyo,197-0022,JAPAN
TEL:+81-42-551-6004
FAX:+81-42-551-6024
E-mailでのお問い合わせ