ホーム > 年度組織図 > 拡大友好委員会

拡大友好委員会

事業方針

はじめに

 青年会議所が長きにわたり地域に根付いて活動できているのはいつの時代も変わらず毎年入会をしてくる新しいメンバーの若い力です。これまで、先輩諸兄は立ち止まることなく明るい豊かな未来を見据えて活動と会員拡大をしてこられました。福生青年会議所が今までやってきた事を次世代に継承し、「まち」のさらなる発展につながる運動を継続していくためには、業種や性別の枠を超え、ひとりでも多くの志高い人財が必要と考えます。

全員拡大

 拡大友好委員会は入会予定者に青年会議所運動のスタートとなる場を提供する重要なポジションであることに自覚と責任を持ち、力強く運動を展開します。会員拡大を推進するためには、新しい人財が組織の発展において必要不可欠であるという認識のもと、その重要性を伝えることに努め、全体職務である会員募集活動を福生青年会議所メンバーの全員で取り組めるように促します。入会予定者には、これからともに歩んでいく同志となってもらう為にメンバーとの出会いの場に工夫を持たせることで福生青年会議所の魅力を発信します。

委員会・担当例会方針

 委員会運営では、まず「委員会・運動が楽しくあること」をテーマに運営していきます。
 その中で互いに尊重し合える関係を築きながら、メンバー同士の絆を深めていきます。
 活動を通じて友情を育み、今後委員会メンバーがかけがえのない財産として互いに付き合うことができる大切な存在となるような関係づくりを目指します。
 また、担当する例会においては「先ずは関わっている人が楽しく」を前提に「地域愛を育み、地域社会に根差す」「多文化との関わりを持つ」の2つをテーマに設営します。
 「地域愛を育み、地域社会に根差す」をテーマにした例会では地域団体と積極的に交流を図り連携し、地域にとっての新たな価値の創造に繋がる様な例会設営をします。
 「多文化との関わりを持つ」をテーマにした例会では福生・瑞穂・羽村に住んでいる外国人との交流、そしてお互いの文化の相互理解を深められるような例会を設営します。
 最終的には一年間の青年会議所運動を通して福生青年会議所メンバーの成長と学びの場になること、「明るい豊かな社会の実現」を目指したまちづくりを積極的に行うことの意識を高めることを目標とします。

おわりに

 これまでの拡大の成果の上に今の福生青年会議所があります。これを途切れさせる事無く受け継ぎ、更なる拡大と定着を目指すために拡大友好委員会だけでなく福生青年会議所全体で楽しく運動していけるように努力してまいります。
 皆様のご指導・ご鞭撻並びに、ご尽力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

事業計画

1. 地域愛を育み、地域社会に根差した事業の実施
1. 新入会員のフォローアップにつながる事業の実施
1. 青年会議所運動の楽しさ・関心を高める事業の実施
1. 福生青年会議所運動に基づく会員拡大を目的とした事業の実施
1. 会員拡大20名

委員長 齋須翔太
委員長 齋須翔太
副委員長 市川眞起子
委員 堂西利弥
委員 劉シェンブン
委員 玉城裕介
委員 三枝守親
委員 田村力
福生青年会議所 入会のご案内・資料請求
福生青年会議所 Junior Chamber International FUSSA
〒197-0022
東京都福生市本町112-2
福生商店街協同組合会館1階
TEL:042-551-6004
FAX:042-551-6024
1F,112-2 Honcho,Fussa,
Tokyo,197-0022,JAPAN
TEL:+81-42-551-6004
FAX:+81-42-551-6024
E-mailでのお問い合わせ